本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
國立大學法人 群馬大學
國立大學法人 群馬大學
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援サイト
資料請求
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

國際宇宙ステーション「きぼう」利用宇宙実験とその先へ

國際宇宙ステーション「きぼう」利用宇宙実験とその先へ

?
?

群馬大學重粒子線醫學研究センター
教授

髙橋 昭久

 

再び月へ、火星へ、その先へと有人宇宙探査が計畫されています。深宇宙は、突然の太陽からの宇宙放射線や超新星爆発による壁をも突き抜ける重粒子線が降り注ぐ過酷な環境です。また、宇宙は地上と異なる重力環境 (宇宙空間は無重力、月は1/6、火星は3/8の低重力)です。そこで、宇宙生活者の健康管理の向上のため、この複合影響について、世界唯一の宇宙環境模擬裝置で地上模擬実験に取組み、國際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」のみならず、その先の月周回有人拠點ゲートウェイを利用した宇宙検証実験の準備をすすめています。

 

キーワード 國際宇宙ステーション、宇宙放射線、重力変化、複合影響、がんの進行

 

?

Space experiments using the International Space Station “Kibo“, and beyond…

?
?

Akihisa Takahashi

Professor, Gunma University Heavy Ion Medical Center

 

Deep space human exploration has become more realistic, plans of returning to the Moon, travel to Mars, and beyond. Deep space travelers will be constantly exposed to solar particles and galactic cosmic rays including high-energy heavy-ion without protection. In addition, human body is affected by microgravity in outer space, and partial gravity (1/6 and 3/8) in near-Earth objects (Moon and Mars). Therefore, it’s necessary to research the combined effects in order to improve the health care in space. We developed the unique simulators of the space environments, and are doing the ground-based simulated experiments. Now, we prepare the space experiments using the International Space Station “Kibo“, and the future Gateway Moon-orbiting space station.

 

Keywords International Space Station, Space radiation, Gravity change, Combined effect Cancer progression
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です
733漫画,733漫画在线观看,733漫画免费视频